飛び乗りたい!


 

野暮用の帰りに東京駅のホームに立つと、見慣れない電車がホームに停車していた。もう寝台列車はすべて絶滅したと勝手に思っていたが、まだ走っているんですね。

 

このままワンカップ大関を片手に飛び乗って到着したらまずはうどんを一杯、などと脳内トリップが始まった。

 

『夜行列車』なんとも心がざわつく言葉である。また久しぶりに一人旅をしてみようかな。どうせ付き合ってくれる人もいないし、、、

 

 

 

 

 

 

B寝台の車内、結構快適かも