撮影依頼(料理写真)はコチラから!


料理写真、ウェブサイト用や店内メニュー、出前メニュー、フライヤー用の写真撮影。

料理写真はおいしそうでなければ何の意味もありません。


厳しい状況の中で生き残るには、積極的に仕掛けるのが有益な方法のひとつかもしれません。


出前を始める、お持ち帰りメニューを開発する、フライヤーで周辺住民の方にサービスメニューをプレゼンするなど、いくつか方法はあろうかと思います。


どの方法を選択するにせよ、必要不可欠なのは料理写真です。文章だけで伝えるより遥かに説得力が増します。


弊社では貴店で提供される料理を、最高においしそうに撮影致します。


撮影例

  • 白バックで商品だけを撮影
    (料理やランチボックスなどの内容をしっかりと見せたい際はこの方法がおすすめです。)
    .
  • 背景を使っての撮影
    (ランチョンマットやテーブルクロスなどをセットして撮影します。料理やお店の世界観の演出におすすめです。)
    .
  • テーブルセッテングをしての撮影
    (お客様が来店された際のイメージを再現して疑似体験をしてもらいます。)
    .
  • コース料理をまとめて撮影
    (コースの充実度を一枚の写真で見せる事ができます。)
    .
  • ドリンクの撮影(おすすめドリンクを単独、あるいは並べての撮影や、おすすめのマリアージュがあれば料理と合わせての撮影も致します)
    .
  • 食事シーンを撮影
    (モデルを使っての撮影です。料理写真というよりお店の雰囲気を伝えるカットになります。)
    .
  • その他、ご希望に応じます。

写真撮影の流れ

  1. 打ち合わせ
    .
    最初に打ち合わせを致します。どのようなイメージを打ち出したいのかを伺い、それに合わせた絵作りをしていきます。
    .
    その後撮影場所を決めます。貴社(貴店)での撮影か、スタジオを借りての撮影か、屋外のロケーションでの撮影かなどコンセプトに相応しい場所を絞り込んでいきます。スタジオを借りる場合などは弊社で手配を致します。
    .
  2. 写真の撮影
    .
    撮影当日は打ち合わせに沿って、時間に無駄がない段取りで進めていきます。またノートパソコンを持参しますので、その場で写真のチェックも可能です。満足がいくまで撮影を致します。
    .
  3. 写真データの納品
    .
    1. 納期
      .
      撮影後3~7日後にデータをお渡しします。お渡し方法はクラウドサービス、DVD-ROM、USBメモリーなどご希望に合わせます。*方法によっては別途費用が発生する場合があります。ご了承ください。
      .
    2. データタイプ
      .
      貴社のご希望に合わせてウェブサイト用や印刷用など目的に合ったタイプに変換してお渡しします。ピクセル数や印刷サイズなどをお教え頂ければそれに合わせて出力致します。
      .
    3. 写真のセレクト
      .
      セレクトは弊社では最低限しか行いません。ひとつの料理カットに対して複数のアングルやトリミングで撮影を致します。それらのカットはすべてお渡ししますので、どのカットを使うかはクライアント様にお任せいたします。
      .
    4. レタッチ(写真修整)
      .
      ご希望があれば受け付けます。素材の色や明るさやコントラストの調整、背景のぼかし、写真全体の色合いなど。また作業内容によっては別途費用が掛かる場合がありますので、その際はご相談させていただきます。
      .
  4. 著作権について
    .
    写真をお渡しした時点で弊社では著作権を放棄しますので、その後どのようにお使いになっても問題はありません。
    .
  5. 肖像権について
    .
    もし人の顔が写っている写真を撮影した際、その写真には肖像権が発生いたします。弊社では撮影した写真をポートフォリオとして当ホームページで公開する場合もあります。もし問題があるようでしたら事前にお申し出ください。その際の使用は控えさせて頂きます。

◇ 撮影料金

1稼働で30,000円(税別・交通費別)からになります。

撮影の内容は様々なパターンがありますので、被写体の種類やカット数、拘束時間やセッティングの内容などによって作業量が大きく変わってきます。

 

詳しくは撮影内容をお聞きしてからお見積りを致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

 


料理写真の作例



撮影のご依頼をお待ちしております。